イメージ オンライン商談で自己紹介をする際のポイント

オンライン商談で自己紹介をする際のポイント

「オンライン商談の自己紹介で商談相手と打ち解けたい」
「オンライン商談中の雰囲気をよくしたい」

このような悩みを抱えていませんか。

営業の新たな形として、Zoomなどを使ったオンライン商談が広まっています。しかし、対面での商談とは異なる部分も多く、自己紹介のタイミングや方法が難しいと感じる方は少なくありません。

この記事では、オンライン商談で自己紹介をする方法や守るべき順番、好印象を与えるポイントを紹介します。

オンライン商談での自己紹介の方法

イメージ オンライン商談での自己紹介の方法

オンライン商談ではどのように自己紹介をすればよいでしょうか。

おすすめは、 オンライン商談が始まるまでに自社の紹介や自己紹介を済ませておく 方法です。どのような会社、人物であるかをあらかじめ伝えておくことで心理的距離が近づき、商談相手から信頼や好感を得やすくなります。

対面の商談でも、いきなり本題に入らず、簡単な自己紹介や雑談などをするケースが多いでしょう。これはオンライン商談でも共通です。

ただし、オンラインでは効率のよい商談が好まれており、商談中に長い自己紹介を行うと悪い印象を与えかねません。商談をスムーズに進めるには、 当日までに商談相手に自己紹介ページのURLを送付したり、事前に送付する資料のはじめに自己紹介を挿入したりする とよいでしょう。

また、 商談前の名刺交換 も効果的な自己紹介の方法です。

名刺管理ツールや名刺データを共有することで、オンラインでも名刺交換が可能です。オンラインでの名刺交換はまだ歴史が浅いため確立されたマナーはありませんが、相手に配慮してオンライン商談前に行うのが一般的です。

オンライン商談で名刺交換をする方法とメリット

オンライン商談での自己紹介の順番

イメージ オンライン商談での自己紹介の順番

自社だけでなく取引先も参加するオンライン商談では、一般的に次のような順番で自己紹介を行います。

  1. 司会進行役の自己紹介、挨拶
  2. 自社(役職が上→下の順番)
  3. 取引先(役職が上→下の順番)

司会進行役の自己紹介と挨拶の後には、 自社側から自己紹介をします 

これは 立てたい相手を後に紹介する というビジネスマナーに従うものです。たとえ取引先の参加者の地位(役職)が自社の参加者より低くても、取引では「自社が下で取引先が上」です。

役職の異なる参加者がいる場合、自己紹介は 役職の高い人から順番 に行いましょう。

オンライン商談の自己紹介で相手に好印象を与えるポイント

イメージ オンライン商談の自己紹介で相手に好印象を与えるポイント

オンライン商談で相手に好印象を残すには、どのようなことに気をつけて自己紹介をすればよいでしょうか

細かな気遣いであっても、相手に与える印象は大きく変わります。ここではよいイメージを持ってもらうためのポイントを4つ紹介します。

必要な情報を端的に提示する

自己紹介では、 取引相手にとって必要な情報をわかりやすく伝えましょう 

長い自己紹介はわかりにくいだけでなく、聞いている相手を不快にさせかねません。

資料に書かれた内容を読むだけであれば、事前に目を通しておいてもらえば済みます。実績を提示する場合は、商談相手が自社を魅力的に感じる実績を提示することが大切です。

担当者自身や自社の特徴、実績などをわかりやすい言葉で説明し、要点や魅力を端的に伝えることを意識しましょう。

オンライン商談でのアイスブレイクのポイント

名前や容姿の特徴を使って相手に自分を印象付ける

 名前や容姿の特徴を使った自己紹介 は印象に残りやすく効果的です。

自己紹介の目的は、商談相手に興味を持ってもらい、自社と取引してもらうことです。親しみを感じてもらえれば、取引につながる可能性は高まるでしょう。

例えば、変わった名前であれば由来や出身地を説明したり、容姿と中身のギャップを自己紹介に盛り込んだりするとよいでしょう。親近感や意外性を感じてもらえれば、相手の印象にも残りやすくなります。

とはいえ、あまり奇をてらった自己紹介はかえって悪印象を与えてしまいます。ビジネスの場であることを忘れず、自分をアピールできる自己紹介を心がけましょう。

ゆっくり大きな声で話す

話し方によって相手が抱く印象は大きく変わります。自己紹介では、聞き手の立場に立って、 ゆっくり大きな声で話す ことを心がけましょう。

メラビアンの法則によれば、会話のスピードや声の大きさが人の印象に与える割合は38%と大きく、会話の内容よりも相手の印象を左右します。

言語情報(会話内容) 7
聴覚情報(会話のスピードや声の大きさ) 38
視覚情報(見た目や仕草、表情) 55

抑揚のない低めの声でぼそっとつぶやくように話すと自信のなさが伝わってしまいます。話す内容がどれだけ魅力的でも、印象がよくなければ徒労に終わってしまうかもしれません。

話す内容はもちろん、相手によい印象を与えられるよう、落ち着いてハキハキと話すことが大切です。

明るい表情を意識する

オンライン商談中は 明るい表情を意識 しましょう。

メラビアンの法則によると、視覚情報(見た目や仕草、表情)が人の印象に与える影響は55%を占めます。つまり、表情次第で相手の印象を大きく変えることができるのです。

オンライン商談に慣れないうちは緊張するかもしれません。それでも視線を落とさず、カメラの向こうの相手に笑顔で話すように意識すれば印象は大きく変わります。

自己紹介以外のオンライン商談のコツは以下の記事にまとめています。こちらも参考にしてください。

オンライン商談のコツを事前準備からの流れで解説

オンライン商談でも印象に残る自己紹介を

今回はオンライン商談の自己紹介について解説しました。相手によい印象を与えるポイントは以下の通りです。

  • 商談当日までに自社紹介や自己紹介を行う
  • 正しい順番で自己紹介をする
  • 相手に好印象を持たれやすい内容や話し方、表情を意識する

自己紹介ひとつで相手の印象は変わります。自己紹介で相手の心を開き気持ちのよい商談ができれば、成約につながりやすくなります。この記事を参考にして、相手に好印象を残せるような自己紹介を実践しましょう。

手間だったオンライン会議の日程調整を
劇的に効率化

カレンダーと紐づけて
チーム内のメンバーとお客様を
カンタンマッチング!

手間だった調整の必要がほぼゼロに

Q 専用のツールが必要なの?

A いいえ!不要です。

いつものツールを活用してオンライン接客がはじめられます!